業種別用語集

運輸業

用語説明

信頼性

製品やサービスの質的、価格的、時間的な対応力が顧客満足の視点から評価されることで、企業と顧客の間に構築される信頼関係。

事業連携

事業目的や共有課題などで企業間が連携協力し、強みの強化や相互補完を行うこと。

サード・パーティ・ロジスティクス

物流業務を外部に委託するやり方で、物流全般の管理から保管や部分加工などの付加的要素も取り込んだ総合的な物流業務を担うもの。

グローバル対応

世界を対象に市場や生産の場を展開すること、国際基準対応や国際物流などへの対応も含む。

観光資源活用

地元の固有資源で自然、名所、産物など観光関連事業に結び付けることが可能な資源を活用すること。

運転手確保

人材不足となっている物流運転手などで、人材確保できる手段やルートを有して安定的に人材を調達できること。

運転手教育

物流や観光事業における運転手の安全管理や教育、接客などに関するスキル確保や育成を行っていること。

荷主関係強化

物流業者が荷主との関係をより深くするために顧客管理やサービス向上に注力していること。

効率運行

物流などで無駄な配送計画や配送ルートを無くし、効率的な車の運行を行うこと。

保管業務

製品や材料などを物流事業者が一時保管する業務。

加工軽作業

製品梱包や簡単な部品付けなど軽微な加工作業。

販売店販売

製造業者が直接販売するのではなく、販売を専門とする事業者に販売を任せること。

チェーン展開

同じ名称や業態の店舗を多数展開すること。自社資本ものや、加盟者が資本や店舗運営を行うもの、また機能の一部を共有するものなど数種の形態がある。

タイアップ販売

他の事業や商品と提携して販売を行うこと。相互に販売協力を行うこと。

個別企画対応

ツアー計画や物流ルートを顧客の要求に応じて個別に作成する専用企画。

電子マネー対応

suicaなどの電子マネーを利用して決済や支払いができること。

トレーサビリティ

品質管理の一環として製品材料の履歴や製造元を明示したり、製品の運送状況など所在を追跡できること。

保証期間延長

商品やサービスの保証期間を規定の期間よりも延長して保証すること。またメーカー保証期間よりも長い期間の保証を販売店等が独自に設定して販売すること。

会員制

顧客情報を登録して会員として、製品情報や販売・メンテナンスなどに係わる情報提供や、何らかの特典が得られる制度。

 

(最終更新:2017年4月14日)
Return Top