業種別用語集

飲食店・宿泊業

用語説明

商品ラインナップ

顧客にとって望ましい組み合わせで、さまざまな商品を取り揃えること。

ブランド

自社の製品やサービスの特徴を他と区別するために設定した製品名称やカテゴリ名称で、企業や商品のイメージ、信頼性などを示すための概念。

鮮度

料理に使用する野菜や肉、魚などの食材が新鮮であること。

観光資源活用

地元の固有資源で自然、名所、産物など観光関連事業に結び付けることが可能な資源を活用すること。

オーガニック食材

化学農薬や化学肥料を使わない農林水産物などを料理の材料にすること。

希少食材

需要に対して供給がきわめて少ない料理材料を取り扱ったり、質や価格などで稀な料理材料を提供することで独自性を示すこと。

機能性食材

料理の素材や原材料が持つ機能面を訴求すること。

高付加価値食材

顧客に高い満足を与えることができる価値のある料理材料のこと。

高技能人材

優れた製造技能や接客能力などをもっている人材を活用していること。

自動化・ロボット活用

IT技術やロボット技術を活用することにより店舗内の省人化を図ること。

コミュニケーション

顧客から要望を引き出したり、顧客の信頼度を高めるために、意見収集や情報提供をする仕組みを構築していること。

ノウハウ標準化

誰が行っても同じ結果・成果を出すことができるよう一定の基準を定めてそれに沿って行動させることで、提供サービスの品質を担保すること。

ホスピタリティ

人が人に対して行う、いわゆる「おもてなし」の行動や気持ちのこと、接客に関する店の姿勢。

チェーン展開

同じ名称や業態の店舗を多数展開すること。自社資本ものや、加盟者が資本や店舗運営を行うもの、また機能の一部を共有するものなど数種の形態がある。

お土産・ノベルティ

企業が、自社や自社の提供する商品・サービスを宣伝する目的で配布する記念品などのこと。

リピーター化

顧客に再来店・再利用を促す様々な方策が仕組みとして構築されていることや、ノウハウを有していること。

会員制

顧客情報を登録して会員として、製品情報や販売・メンテナンスなどに係わる情報提供や、何らかの特典が得られる制度。

ポイントカード

購入金額や来店頻度などに応じてポイントを付与し、景品との交換やキャッシュバックなどを行う制度のこと。

メールマガジン

会員としてメールアドレスを登録すると、商品・サービスやイベントなどに関する情報提供や特典が受けられる仕組み。

SNS活用

コミュニティ型の会員制サービスを集客や販売促進に利用すること。

提携店舗

近隣の店舗や、同業態の店舗などと提携することでショップカードやチラシなどを置かせてもらうことや、共同販促を行うこと。

 

(最終更新:2017年4月14日)
Return Top