業種別用語集

不動産業

用語説明

高付加価値サービス

顧客にとって満足度の高い価値あるサービス。

商品ラインナップ

顧客にとって望ましい組み合わせで、さまざまな商品を取り揃えること。

オーナーサポート

不動産所有者に対して様々な情報提供や不動産経営に関するサポート機能を提供すること。

物件評価力

不動産の価値を公平公正に妥当な評価をする目利き力のこと。

入居者募集

入居希望者を募集・集客するノウハウがあること。

独自調達物件

希少な物件を調達するための独自のルートを持っていること。

希少性

需要に対して供給がきわめて少ない商品を取り扱ったり、質や価格などで稀な商品やサービスを提供することで独自性を示すこと。

独自技術

他社が簡単に真似できないような技術や技能を独自に保有していること。

提案販売

顧客ニーズに合わせて、利用効果や顧客メリットを強調して使用方法やシステムを提案する顧客本位の販売方法。

顧客課題分析

顧客の現状を多面的にとらえ、解決すべき課題を把握すること。

ノウハウ標準化

誰が行っても同じ結果・成果を出すことができるよう一定の基準を定めてそれに沿って行動させることで、提供サービスの品質を担保すること。

コミュニケーション

顧客から要望を引き出したり、顧客の信頼度を高めるために、意見収集や情報提供をする仕組みを構築していること。

チェーン展開

同じ名称や業態の店舗を多数展開すること。自社資本ものや、加盟者が資本や店舗運営を行うもの、また機能の一部を共有するものなど数種の形態がある。

資金調達アドバイス

不動産購入や入居の際に必要となる資金を調達するためのアドバイスや金融機関の紹介ができること。

コンプライアンス管理

事業者や従業員が法律などの基本的なルールを遵守するよう仕組みを構築すること。

事業連携

事業目的や共有課題などで企業間が連携協力し、強みの強化や相互補完を行うこと。

 

(最終更新:2017年4月14日)
Return Top