業種別用語集

医療・福祉

用語説明

カウンセリング力

顧客が持つ課題や悩みに対して、専門的な知識や技術を用いて問題解決の手助けを行うこと。

連携(専門医・行政等)

複数の医療機関や自治体が連携協力し、専門性の強化や相互補完を行うこと。

総合サービス

様々な医療機能を提供することで、広範な医療サービスをワンストップで提供すること。

包括性

自社の提供するサービスについて、専門特化を図るのではなく、広範で多様なサービスを集約させること。

サービス多様化

患者の多様なニーズに応えるために、様々な医療機能や関連サービスを提供すること。

独自技術

他社が簡単に真似できないような技術や技能を独自に保有していること。

商品ラインナップ

顧客にとって望ましい組み合わせで、さまざまな商品を取り揃えること。

技能認定

医療サービス提供者の技能を認定することにより技術を担保し、顧客に対して技術力や信頼性をアピールすること。

提案販売

顧客ニーズに合わせて、利用効果や顧客メリットを強調して使用方法やシステムを提案する顧客本位の販売方法。

顧客課題分析

顧客の現状を多面的にとらえ、解決すべき課題を把握すること。

ノウハウ標準化

誰が行っても同じ結果・成果を出すことができるよう一定の基準を定めてそれに沿って行動させることで、提供サービスの品質を担保すること。

コミュニケーション

顧客から要望を引き出したり、顧客の信頼度を高めるために、意見収集や情報提供をする仕組みを構築していること。

チェーン展開

同じ名称や業態の店舗を多数展開すること。自社資本ものや、加盟者が資本や店舗運営を行うもの、また機能の一部を共有するものなど数種の形態がある。

体験サービス

施設を利用するにあたり、施設の雰囲気やスタッフの対応などを事前に体験できるサービスのこと。

情報開示

患者自身の診療情報の開示や開示方針の明確化により、患者の安心や理解を得ること。

コンプライアンス管理

事業者や従業員が法律などの基本的なルールを遵守するよう仕組みを構築すること。

診療方針明確化

診療方針を明確化し、開示することにより、患者の理解や共感を得ること。

 

(最終更新:2017年4月14日)
Return Top