業種別用語集

教育・学習支援

用語説明

カウンセリング力

顧客が持つ課題や悩みに対して、専門的な知識や技術を用いて問題解決の手助けを行うこと。

ブランド

自社の製品やサービスの特徴を他と区別するために設定した製品名称やカテゴリ名称で、企業や商品のイメージ、信頼性などを示すための概念。

包括性

自社の提供するサービスについて、専門特化を図るのではなく、広範で多様なサービスを集約させること。

カリキュラム作成

競合他社にはないオリジナルの教育カリキュラムを作成している、または作成するノウハウがあること。

レベル別指導

利用者の知識や技能レベルに合わせた指導メニューを提供し、実施するノウハウがあること。

遠隔指導・研修

IT技術を活用することにより、利用者が自宅などの好きな場所で指導や研修を受けることができるサービスのこと。

フレキシブル時間対応

利用者の好きな時間に指導や研修などのサービスを受けることができる仕組みのこと。

研修施設整備ノウハウ

効果的な研修を実施するために、音響や空調、什器などのハード面の整備に関して、快適性を高めるノウハウがあること。

利用者コミュニケーション

利用者の学習意欲を促進させるなどの目的のために、要望や意見などに関し、利用者と情報交換を行う仕組みを構築していること。

チェーン展開

同じ名称や業態の店舗を多数展開すること。自社資本ものや、加盟者が資本や店舗運営を行うもの、また機能の一部を共有するものなど数種の形態がある。

提携店舗

近隣の店舗や、同業態の店舗などと提携することでショップカードやチラシなどを置かせてもらうことや、共同販促を行うこと。

体験サービス

施設を利用するにあたり、施設の雰囲気やスタッフの対応などを事前に体験できるサービスのこと。

リピーター化

顧客に再来店・再利用を促す様々な方策が仕組みとして構築されていることや、ノウハウを有していること。

会員制

顧客情報を登録して会員として、製品情報や販売・メンテナンスなどに係わる情報提供や、何らかの特典が得られる制度。

メールマガジン

会員としてメールアドレスを登録すると、商品・サービスやイベントなどに関する情報提供や特典が受けられる仕組み。

SNS活用

コミュニティ型の会員制サービスを集客や販売促進に利用すること。

フォローアップ

サービス利用後に、利用者の様々な相談に対してアドバイスや指導などの対応を行うことや、サービス利用後の動向を把握すること。

モニタリング

利用者が目的に向かって順調に進んでいるか、問題が生じていないかなどを、見守り・確認すること。

eラーニング

パソコンやインターネットの技術を利用して行う学習システムのこと。

 

(最終更新:2017年4月14日)
Return Top